メリタ(Melitta)の4つの魅力と絶品コーヒーの淹れ方。新商品も続々と登場!

グッズ

 

手軽に本格コーヒーを楽しみたいと思いませんか?

現在、ドリップコーヒー市場で
最も人気のあるペーパーフィルター式を革新したのは、
ドイツに本拠を置く「メリタ(Melitta)」です。

彼らのコンセプト
「コーヒー・エンジョイメント」は、

コーヒー初心者から
自分の好みを深く理解している熟練者まで、
すべての人がコーヒーを楽しめるように
全力を尽くすという思いから生まれました。

もし「メリタって何?」や
「メリタで美味しいコーヒーをどうやって淹れるの?」
と疑問に思うなら、

メリタの主要製品である
「コーヒーミル、コーヒードリッパー、
ペーパーフィルター、コーヒーメーカー」
のそれぞれの魅力をご紹介します。

さらに、メリタ流の美味しい
コーヒーの淹れ方もお伝えします。

2021年に登場した
新製品情報もお見逃しなく!

メリタによるドリップコーヒーの革新

メリタが導入したペーパーフィルターが、
どのようにドリップコーヒーの世界を
変えたのかを探ります。

  • ドリップコーヒーがよりクリアな味わいに
  • コーヒー粉が混入しなくなった
従来、家庭でのコーヒー抽出方法としては、
布や金網のフィルター、
または茶こしを用いる方法が一般的でした。

この方法では、コーヒー粉が
抽出液に混ざり込むことが多く、
ざらついた飲み口と不快感を
感じることがありました。

また、苦味が強くなりがちです。

メリタのペーパーフィルターの登場により、
これらの問題は解決しました。

ペーパーフィルターは
ドリップコーヒーを手軽に、
そして美味しく楽しめるように変えました。

衛生的で使いやすい新たな時代

  • コーヒーかすの処理が格段に簡単に
  • 清潔さが維持しやすくなった

布や金網を用いた抽出法では、
使用後の清掃が非常に大変でした。

コーヒー粉は抽出器具に
しっかりとこびりついて、
洗浄が困難でした。

非常に細かい粉のため、
完全に取り除くのも難しく、
清掃が不完全なままでの再使用が
避けられないこともありました。

しかし、メリタのペーパーフィルターの導入により、
これらの問題は解消されました。

使用後のコーヒーかすは
手軽に包んで捨てるだけで、

フィルターに残り物がなく、
洗浄も簡単になりました。

これにより、清潔さを維持しやすくなり、
愛用のドリッパーを安心して
長く使い続けることができるようになりました。

メリタとコーヒーへの情熱

メリタの創業者である
ドイツ・ドレスデン出身の主婦、
メリタ・ベンツは、

夫への深い愛を込めて
ペーパーフィルター式の
ドリップコーヒーを発明しました。

このシンプルなアイディアが
世界中で評価され、今ではドイツ、
ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、
ブラジル、南米、日本など、

世界中に広がっています。

メリタの拡大の歴史

ペーパードリップの歴史は
1908年にさかのぼります。

メリタ氏の息子が学校の
ノートの紙を使用して初めて
試みたことから始まりました。

紙をフィルターとして折り、
釘とハンマーで真鍮製の容器の底に
穴を開けてコーヒーを抽出したところ、

コーヒー粉が混入しない
革新的な発見となりました。

その年に設立された
家族経営の小さな会社
「Mr.Benz」は、

はじめはアパートの一室で事業を開始し、
地元の店で製品を紹介することから
全国に評判が広がりました。

1912年には、
ペーパードリップの生産を
本格的に始めるために
本社をミンデンに移転しました。

メリタの創業者の息子、
ホルスト・ベンツもコーヒー業界に革命をもたらし、

1937年にはリブ付き
円錐形ドリッパーを発明し、
特許を取得しました。

1960年代にはメリタを象徴する
「1つ穴」が登場し、

1997年には香りを引き立てる
多数の小さな穴が開けられた
「アロマジック」シリーズが登場しました。

2021年の新製品ラインナップ

メリタは製品の改良に常に力を入れており、
2021年には以下の新製品を市場に投入しました。

  • コーヒードリッパー「プレミアムフィルター」
  • 全自動コーヒーメーカー「アロマフレッシュ」

「プレミアムフィルター」は、
日本の伝統工芸である波佐見焼を採用しており、
その精巧なデザインと機能性が特徴です。

一方で、「アロマフレッシュ」は
コンパクトなサイズで、
テレワークが普及する中、
自宅で手軽に本格的な
コーヒーを楽しむことが可能です。

このコーヒーメーカーは
ヨーロッパのスペシャルティコーヒー協会が
定める最高の味覚基準を満たしており、
その使いやすさも高く評価されています。

メリタの特徴的な製品ラインナップ

メリタは特に以下の
4種類の製品で広く知られています。

各製品の魅力的な特長を一つ一つご紹介します。

  • コーヒーミル
  • コーヒーメーカー
  • コーヒードリッパー
  • ペーパーフィルター

①操作が容易な「コーヒーミル」

メリタのコーヒーミルには
大きく分けて次の2タイプがあります。

  • 手動ミル
    • 伝統的なデザイン
    • クラシックな見た目
  • 電動ミル
    • 直感的な操作性
    • 調整可能な挽き具合

手動ミルは、豆を挽く際の
心地よい手触りが楽しめ、
シンプルな操作性で初心者でも扱いやすいです。

1867年に創業したドイツの
「ザッセンハウス社」製で、
その職人技による高い品質が評価されています。

一方、電動ミルはスイッチ一つで操作可能で、
全5モデルがあります。

シンプルなデザインと
クリアな使用感が魅力で、
好みに応じて挽き具合を調節できます。

②デザインにも優れた「コーヒーメーカー」

メリタのコーヒーメーカーには、
主に以下の4タイプが存在します。

  • 全自動コーヒーメーカー
    • メリタ ゴールドスタンダードを基に設計
    • 手軽に最高のコーヒーを楽しめる
  • スタンダード(2〜5杯分)
    • シンプルで扱いやすい
    • ダイニングやリビングに置きやすいサイズ
  • ラージ(2〜10杯分)
    • 一度に多くのコーヒーを抽出可能
    • 職場や大勢での使用に適している
  • ポッド式
    • 簡単操作
    • 一杯ごとに風味や濃度をカスタマイズ可能

全自動タイプは、
メリタの理論に基づいて開発され、
挽きたて、淹れたてのコーヒーの香りを
簡単に楽しめるようになっています。

プロフェッショナルな使用にも
耐えうる機能を備え、
メンテナンスも簡単です。

スタンダードとラージのモデルは、
それぞれの使用シーンに合わせて
選べるように設計されており、
特にラージモデルは多人数での使用に最適です。

ポッド式モデルは、
2杯同時に抽出する機能と、
圧力と水流の微調整が可能で、

新鮮で高品質なコーヒーを
手軽に楽しむことができます。

③初心者でも扱いやすい「コーヒードリッパー」

メリタのコーヒードリッパーは
主に以下の4タイプがあります。

  • プレミアムフィルター
    • 磁器製(波佐見焼)
    • コーヒーの濃度を自由に調整可能
  • アロマフィルター
    • 効率的な蒸らし機能搭載
    • 豊かなアロマを引き出す
  • クリアフィルター
    • 一度に適量のお湯を注げる
    • 酸味と苦味が調和した抽出
  • 陶器フィルター
    • 陶器製(美濃焼)
    • 1919年から愛され続けている長寿製品

プレミアムフィルターは、
波佐見焼の精巧な技術を用いたもので、
精密なリブが抽出速度を速め、
味の微調整を容易にします。

付属する受け皿と計量スプーンも同素材で、
統一されたセットとして楽しめます。

アロマフィルターは、
注ぎ口が高めに設計され、
お湯が底部に留まるようになっており、
コーヒーの蒸らし時間がしっかりと取れるため、
より深みのあるアロマを楽しめます。

クリアフィルターは、
内部のリブがお湯の流れを適切に誘導し、
酸味と苦味が均等に抽出されるため、
クリアな味わいのコーヒーが完成します。

必要なお湯を一度に注ぐだけで
最適な香りと味が引き出されます。

陶器フィルターは、
岐阜県多治見市の美濃焼を採用し、
伝統的な方法で製造されています。

この製品は、
その優れた品質と安定した性能で、
長年にわたり多くのコーヒー
愛好家に支持されています。

④環境に配慮した「ペーパーフィルター」

メリタのペーパーフィルターは、
同社独自の技術開発により生まれた
7つのバリエーションがあります。

全てのフィルターには
「スーパーミクロウェイ」技術の
細かなメッシュが使用されており、
余分な雑味を取り除きます。

  • グルメ
  • オリジナルナチュラルホワイト
  • オリジナルナチュラルブラウン
  • アロマジック ナチュラルホワイト
  • アロマジック ナチュラルブラウン
  • アロマジック バンブー
  • エコブラウン

アロマジックシリーズには
「アロマホール(香りの穴)」が特徴で、
1996年の発売以来、
世界各国で特許を取得しています。

この技術は、コーヒー豆の特性を最大限に活かし、
風味と香りをしっかり引き出します。

グルメやオリジナルシリーズに
採用されている三層構造の
「スリーアロマゾーン」は、

2012年に特許を取得し、
抽出過程での香りの損失を最小限に抑えます。

さらに、FSC®認証を
日本で初めて取得した製品もあり、
環境に配慮した材料(バンブーなど)を使用し、

接着剤を使わない製法で配慮されています。

メリタ式でコーヒーを淹れる楽しみ

メリタのコーヒー器具を使う際には、
そのユニークなドリップ方法を活かすことが重要です。

「メリタ式」と呼ばれるこの手法は、
約100年にわたるメリタの研究と技術の集大成です。

ここでは、ハンドドリップで
ホットコーヒーを美味しく
淹れる方法をご紹介します。

準備するもの

  • コーヒー豆(中挽きから細挽きが理想)
  • コーヒードリッパー
  • ペーパーフィルター
  • メジャースプーン
  • グラスポット
  • コーヒーミル
  • ケトル

コーヒーの淹れ方

  1. ペーパーフィルターを取り、シール部分を基点に側面と底を交互に折り返します。
  2. 折り返したフィルターをドリッパーに設置します。
  3. コーヒー豆を挽き、適量のコーヒー粉を用意します。
  4. ドリッパーにコーヒー粉を入れ、1杯分につきスプーン1杯を均一に広げます。
  5. お湯を沸かし、初めにコーヒー粉全体にゆっくりと注ぎ、膨らむ様子を確認します。
  6. 続いて、ドリッパーの目盛りに合わせて一度にお湯を均等に注ぎます。
  7. 抽出されたコーヒーをカップに注ぎ、完成です。

メリタ式の特徴

メリタ式の独特な点は、
他のメーカーと異なり、

お湯を一度に注ぐことによって
蒸らし時間を確保した後、
全体に均一にお湯を注げることです。

通常、湯量を調節しながら
何度も注ぐ必要がありますが、

メリタ式では一回の注ぎで
最良の味と香りが引き出されます。

  • コーヒー豆の量やお湯の温度は自分の好みで調整が可能です。
  • 抽出時間と湯量はメリタによって精密にコントロールされています。
  • ドリッパーの設計は、特有の一つ穴や内側のリブを利用して抽出されます。

メリタの貢献を感謝しよう

ドイツの主婦である
「メリタ・ベンツ」によって
発明されたペーパーフィルター式ドリップコーヒーは、
現在では世界中で広く受け入れられています。

この技術がなかったら、
今日の環境に配慮したコーヒー文化は
存在しないかもしれません。

メリタのコーヒー器具を使って、
自分だけの絶品コーヒーを
淹れてみてはいかがでしょうか。

メリタの技術に感謝しながら、
おいしいコーヒーを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました