4つのおすすめ飲み方!コロンビアコーヒーの多彩な風味を楽しもう

基本

世界で3番目に大きい
コーヒー豆の生産国、コロンビア。

その深煎りによる苦味と豊かな風味が、
日本国内でも多くの人々に愛されています。

日本で親しまれている
「ジョージア エメラルドマウンタン」は、
コロンビア産の豆を使用しており、
「エメマン」という愛称でも知られています。

この製品は2019年に発売25周年を迎え、
広く愛用されています。

この記事では、コロンビアコーヒーが
どうしてこんなにも人気なのか、
その理由や味わいの特徴、おすすめの飲み方を
ご紹介します。

コーヒー豆が栽培されてから
私たちのカップに届くまでの過程を知ることで、
その味をより深く楽しむことができるでしょう。

コロンビアコーヒーの美味しさの秘密

コロンビア共和国は
太平洋とカリブ海に面しており、
豊かな自然環境の中でコーヒー豆を始めとする
農産物を輸出しています。

では、コロンビアコーヒーが
なぜこれほどまでに評価されているのか、
その理由を三つのポイントでご紹介します。

豊かな自然環境と理想的な栽培条件

コロンビアで栽培されるコーヒー豆は、
アンデス山脈の豊かな自然に囲まれた
理想的な地形で育てられています。

コーヒー栽培の環境は以下のような特徴があります。

  • 昼夜の寒暖差が大きいことで、コーヒー豆に適度なストレスを与え、糖度を高めます。
  • 肥沃な火山灰を多く含む土壌が栽培に最適な条件を提供します。
  • 年間約2,000ミリの雨量と、山岳地帯特有の良好な排水条件があります。 これらの条件が合わさり、コロンビアコーヒー独特の豊かな味わいと香りが生み出されます。

コーヒー生産に携わる人々の献身

コロンビアでは1730年代初頭から
コーヒー栽培が始まり、

長い歴史を通じて蓄積された知識と
技術が今日の高品質なコーヒー豆を生み出しています。

コロンビア全国の32県の
うち20県でコーヒーが栽培されており、
約300万人がコーヒー関連の仕事に従事しています。

多くの人々の手による丁寧な栽培が、
コロンビアコーヒーの品質を保つ重要な理由です。

「コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)」の役割

1927年に設立されたFNCは、
コロンビアコーヒーの品質を維持し、
生産者の生活を向上させるために
多くのプログラムを実施しています。

例えば、オンラインでの
コーヒー学習プログラムを提供し、
54万人のコーヒー生産者をサポートしています。

これにより、生産者は自らの作物に誇りを持ち、
その知識と情熱を消費者に伝えることができます。

これらの要素が組み合わさることで、
コロンビアコーヒーはその豊かな風味と
独特の味わいで世界中から愛されています。

コロンビアコーヒーの一連の生産過程

どのようにしてコロンビアコーヒーが
作られるのでしょうか?

私たちが楽しむコロンビアコーヒーが
どのような過程を経て届くのか、
その流れを紹介します。

苗の育成から収穫まで

  • コーヒーの種を専用の苗床に蒔きます。
  • 種蒔きから75日で発芽し、その後はビニールポットに移植します。
  • 4~6ヶ月育成した苗木を農園に定植します。
  • 定植後8ヶ月で初花が咲きます。
  • 最初の花が咲いてから2~3ヶ月で緑の果実が形成され始めます。
  • 花後8ヶ月でコーヒーチェリーが成熟します。
  • 種を植えてから収穫まで約24ヶ月後、1日に最大90kgの果実を収穫します。

精製から協同組合へ

  • 収穫したコーヒーチェリーを精製します。
  • コーヒーチェリーを1~3日間乾燥させ、水分量を10~12%に調整します。
  • 精製後、協同組合で出荷前に保管するか直接出荷します。
  • 精製方法は以下の2通りです:
    • 伝統的な水洗式で12~18時間かけて処理。
    • 節水を目指す機械式で、重力を利用した「BECOLSUB」を使って約1分間処理。

乾燥方法は3つあります。

  • トンネル:25℃で5日間、500kgを乾燥。
  • パティオ:22℃で10日間、500kgを乾燥。
  • サイロ:50℃で20~24時間、500kgを乾燥。

このような厳格なプロセスを経て、

コロンビアコーヒーは世界中の
コーヒー愛好家の元へ届けられます。

コロンビアコーヒーの産地ごとの風味の違い

コロンビアで栽培されるコーヒーは、
南北に連なる三つの山脈によって分布されており、

日本の約3倍の国土面積を持つこの国では、
地域ごとにコーヒーの風味が異なっています。

北部地域

  • 柔らかい酸味とナッツの風味
  • チョコレートを思わせる香り この地域にはマグダレナ、カサナレ、サンタンデール、ノルテ・デ・サンタンデールの州があります。

比較的低い標高と高い気温が特徴で、
日照時間が長いため段階的に日陰で栽培されます。

収穫期は10月から翌年2月です。

中部地域

フルーティーでハーブの香りが特徴

この地域は

カルダス、キンディオ、リサラルダ、
ノルテ・デ・ヴァジェ、アンティオキア、
クンディナマルカ、ノルテ・デ・トリマ

の7州から成り立っており、
不規則な雨季と乾季が交互に訪れるため、
一年中新鮮なコーヒーの収穫が可能です。

主な収穫時期は9月から12月、
さらに第2の収穫期として4月から6月があります。

南部地域

まろやかな酸味と柑橘類の甘い香り

この地域にはナリーニョ、カウカ、
ウイラ、スール・デ・トリマの各州が含まれ、
赤道近くで高標高に位置するため気温は比較的低いです。

収穫時期は1月から6月にかけて行われます。

原産地呼称制度

コロンビアでは、特定の地域で
栽培されたコーヒーに原産地呼称を付与して、

その品質と独自性を証明し、
付加価値を高めています。

この制度は産地のブランド化や
生産者の収入向上に直結しており、
コーヒー業界のトレンドに沿った
取り組みが行われています。

原産地呼称を得るには
厳しい基準をクリアする必要があり、

認定された州では
それぞれの独特の風味を
楽しむことができます。

現在、カウカ、ウィラ、ナリーニョ、
サンタンデールが認定されています。

コロンビアコーヒーのさまざまな楽しみ方

日本で愛され続けているコロンビアコーヒー。

そのおいしい飲み方や楽しみ方を知って、
素敵なコーヒータイムを過ごしませんか?

以下、いくつかおすすめの方法をご紹介します。

①浅煎りのコロンビアコーヒーを低温で抽出

ミディアムローストから
フルシティローストまでの
浅煎りコーヒーがおすすめです。

これらの豆は苦味が少なく、
低めの温度で抽出することで、
濃厚な味わいと優しい甘み、
そして爽やかな酸味を楽しむことができます。

特に、エスプレッソで飲む際には、
細かく挽いたコーヒー粉を
エスプレッソマシンにセットして、
短時間で抽出するとコーヒーの深い風味が引き立ちます。

②ナッツ系お菓子とのペアリング

フルーティな香りのコロンビアコーヒーは、
ナッツ系のお菓子と非常によく合います。

ナッツの香ばしさがコーヒーの風味を引き立て、
より豊かな味わいを生み出します。

チョコレートの香りがする
コロンビアコーヒーには、
特にアーモンドチョコレートがおすすめです。

③他の豆とのブレンディング

バランスの良いコロンビアコーヒーは、
他の豆種とも組み合わせやすく、
ブレンドすることで新しい風味を発見できます。

ブラジル産のコーヒーで
さわやかな苦味を加えたり、

マンデリンでコクを深めたり、
エチオピア豆で酸味と香りを加えることが可能です。

④市販のコロンビアコーヒーで手軽に

忙しい日でも
コロンビアコーヒーを手軽に楽しむなら、
市販のコーヒーが便利です。

スーパーやコンビニで手に入る
ブレンドコーヒーを利用して、
簡単にコロンビアコーヒーの味わいを
楽しむことができます。

コンビニで味わう淹れたてコーヒー

全国の主要コンビニでは、
マシンを活用して24時間いつでも
手軽に本格的なコーヒーを楽しむことができます。

各コンビニの公式サイトによると、
使用されているコーヒー豆の産地は以下の通りですが、

アイスコーヒーカフェラテなど
メニューによって豆の種類が異なることがあります。

  • ファミリーマートのFAMIMA CAFÉでは、ブラジル、コロンビア、グアテマラ、タンザニア産の豆が使用されています。
  • ローソンのMACHI caféでは、カフェラテにブラジル、コロンビア、グアテマラ(SHB)、インドネシア(マンデリンG1)産の豆を使用しています。

手軽に楽しむ缶コーヒー

缶コーヒーは蓋を開けるだけで手軽に楽しめ、
自動販売機やコンビニ、通販サイトで
購入することができます。

たとえば、コカ・コーラの
ジョージア エメラルドマウンテンでは、
FNCによって認定された高級
「エメラルドマウンテン豆」を使用し、

濃厚なミルクと合わせて
より豊かな香りと深いコクのある
味わいを実現しています。

さらに、
ジョージア ヨーロピアン
香るブラックは、

コロンビア、ブラジル、グアテマラ産の豆を
主体に使用し、猿田彦珈琲の監修のもと、
専門店並みの味わいを提供しています。

コロンビアコーヒーの綿密な栽培

コロンビア全国で栽培される
コロンビアコーヒーは、

最適な栽培環境のもとで
多くの生産者が手間をかけています。

FNCの指導のもと、各地域特有の風味と
香りを持つ高品質なコーヒーが育てられており、

その地域性を活かした豊かな味わいは、
購入して比較したり、他の品種とブレンドして
新しい味を発見するのに適しています。

 

タイトルとURLをコピーしました