アラビカの風味と特性!ロブスタとの比較と楽しむポイント

基本

コーヒーを選ぶ際に「アラビカ種を使用」
と記されたラベルを目にしたことはありませんか?

通常、コーヒーの産地名が
「ブラジル」などとラベルに書かれていますが、
さらに大きなカテゴリーである「アラビカ種」と
「ロブスタ(カネフォラ種)」という分類も重要です。

本記事では、
アラビカ種のコーヒー豆について、
その独特の風味と特性をご紹介します。

200種以上ある中から、
特に代表的な5つの品種を選び、
ロブスタとの違いや美味しい飲み方について解説します。

アラビカコーヒーについて

コーヒーの主要な原種の一つであるアラビカ
(正式名称:コフィア・アラビカ)は、
アカネ科に属し、
アラビカコーヒーノキから採取されます。

ロブスタコーヒーノキ、
リベリカコーヒーノキとともに、
コーヒーの三大原種とされています。

アラビカは、
世界中のコーヒー生産量の
約60%を占めるほど一般的で、

他の種類と比べて風味が優れているため、
ストレートでの飲用はもちろん、
ブレンドコーヒーにもよく使用されます。

アラビカの起源:エチオピア

アラビカ種の原産地は
アフリカのエチオピアです。

特に、エチオピアの中部から
西部にかけての
標高1,000〜2,500メートルの山岳地帯、
霧が多く湿度の高い地域で発見されました。

現在では、エチオピアのみならず、
ブラジルやグアテマラ、タンザニアなど

世界各国の主要なコーヒー生産地で
広く栽培されています。

エチオピアはコーヒー発祥の地としても有名で、
多くの現在の品種が17世紀から
18世紀にかけてこの地で発見されたとされています。

アラビカ種の多様な品種とその特長

アラビカ種には
200種類以上の様々な品種が存在します。

育成環境や生産者によって
異なる風味を持つコーヒー豆がありますが、

一般的には
「酸味が際立ち、フローラルな甘い香りがする」
と表現されることが多いですが、
全ての品種に当てはまるわけではありません。

このセクションでは、
特に注目すべきアラビカ種の5つの品種を選び、
それぞれの風味やコーヒー豆の性質、
形状について解説します。

ティピカ

アラビカ種の中でも特に原種に近いティピカは、
他の品種に比べて高品質な酸味と風味が特徴です。

形状は先端が尖り、やや長細いです。

アラビカ種の「原種」とも呼ばれ、
多くの品種の基礎となっています。

ブルボン

ブルボンはティピカの
突然変異により生まれた品種で、
芳醇な香りと独特の甘さがあり、
濃厚な風味を楽しめます。

ティピカと並び、
優良品種とされていますが、
栽培が困難です。

名前の由来はインド洋のブルボン島
(現レユニオン島)で、
形状は丸く小ぶりです。

カトゥーラ

カトゥーラはブルボンからの
突然変異で生まれた品種で、

特に中米のグアテマラなどで
広く栽培されています。

高品質な酸味と渋みが特徴で、
小粒で低木型、栽培が比較的容易です。

ムンドノーボ

ムンドノーボはブルボンとスマトラ
(ティピカの変種)との
自然交配から生まれた品種です。

酸味と苦味が良くバランスしており、
1950年代からブラジルで広く栽培されています。

低木で、栽培が容易ですが、
収穫までに時間がかかります。

ゲイシャ

エチオピアの野生種からの
突然変異で生まれたゲイシャは、

柑橘系の酸味と、はちみつや
チョコレートのような深い甘みが
特徴の豊かな味わいがあります。

樹高が高いため栽培が難しく、
非常に希少で「幻のコーヒー」とも称される
スペシャルティコーヒーの中でも最高峰に位置します。

アラビカ種とロブスタ(カネフォラ種)の違いについて

世界のコーヒー豆生産量の
約60%を占めるアラビカ種と、

残りの40%を占めるロブスタ
(カネフォラ種の一亜種)について、
どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

日本ではアラビカ種が一般的ですが、
最近ではロブスタ種を
専門に扱うカフェも増えています。

主な違いの比較

特徴 アラビカ種 ロブスタ種
原産地 エチオピア アフリカ諸国
栽培の難易度 高い 低い
病気への耐性 弱い 強い
収穫量 少なめ 多め
価格 高価 低価
豆の形状 扁平で楕円形 丸みを帯びている
酸味が特徴的 苦味と渋味が特徴的
香り フローラルで甘い香り 麦茶のような香ばしい香り
使用用途 レギュラーコーヒー インスタントコーヒー、缶コーヒー

アラビカとロブスタでは
栽培のしやすさが大きく異なります。

ロブスタは標高300〜800mの低地でも育ち、
アジア諸国を含む広範囲での栽培が可能です。

安価で多くの収穫が可能ですが、
その強い苦味と香りは加工用途に適しています。

コーヒー豆の違い

アラビカとロブスタの味の違いは、
カフェイン含有量や糖類の差にも由来します。

ロブスタはアラビカの
約2倍のカフェインを含みますが、

焙煎時に重要な風味を形成する糖類は
アラビカの方が多く含まれています。

アラビカ種とカネフォラ種のハイブリッド品種

最近では、アラビカ種と
カネフォラ種の良い特性を兼ね備えた
ハイブリッド種が開発されています。

これらは豊かな風味も持っています。

例として「カティモール」は
カトゥーラ(アラビカ種)と
ハイブリッドティモール
(アラビカ種&カネフォラ種)
を掛け合わせた品種で、

生産性が高いため、
コロンビアなどの主要生産地で
非常に人気があります。

また、コロンビアには
「バリエダコロンビア」という、

ハイブリッド種も存在し、
カトゥーラやティピカとともに
コロンビアコーヒーの主力となっています。

アラビカ種コーヒーの楽しみ方

アラビカ種のコーヒーは広く流通していて、
どこでも手に入るため、身近な飲み物です。

ここではアラビカ種を
最も美味しく楽しむ方法をいくつかご紹介します。

スペシャルティコーヒーでアラビカの真価を体験する

最上級のアラビカ種の
風味を味わいたい方には、
アラビカ種のみを使用した
スペシャルティコーヒーがおすすめです。

通常のコーヒーとは一線を画すその味わいは、
アラビカ種特有の特徴を存分に引き出します。

スペシャルティコーヒーは、
生産から提供まで厳しい基準に
基づいて製造されており、

市場に出回るコーヒー豆の
約5%だけがこのカテゴリに分類されます。

アラビカ種の様々な品種を飲み比べる

アラビカ種には200以上の品種が存在します。

品種名や焙煎度、ブレンド内容、
販売元によって変わる風味を飲み比べることで、
その多様性を楽しむことができます。

ブルーマウンテン、マンデリン、
ハワイコナ、モカなど、名高い品種を
試してみてください。

日常で楽しむアラビカ種コーヒー

アラビカ種は全世界の
コーヒー豆生産量の約60%を占め、
日本でもポピュラーな選択肢です。

ほとんどの人が無意識のうちに
アラビカ種のコーヒーを楽しんでいます。

例えば、ファミリーマートの
ファミマカフェではブラジル、
コロンビア、グアテマラ、
タンザニア産のアラビカ100%が使用されていますし、
スターバックスも選び抜かれた
アラビカ種を使用しています。

オンラインショップ、
例えばAmazonや楽天市場でも
手軽に購入可能です。

以上の方法を試して、
アラビカ種コーヒーの豊かな味わいを
お楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました