ミルクブリューの3つのバリエーション!豊かな味わいの手軽なコーヒーを試そう

おうちで

夏が近づくと、ひんやりとしたコーヒーが飲みたくなりますよね?

アイスコーヒーもさわやかで良いですが、
「ミルクブリュー」はミルクの濃厚さが際立って、
特に人気です。

この方法では、通常コールドブリューで
使用する水をミルクに変えることで、
コーヒーの風味が格段にリッチになります。

作るのには少々時間がかかりますが、
一度にたくさん作って冷蔵庫に入れておけば、
仕事の休憩時間や朝のコーヒータイムに最適です。

そして、その作り方は非常に簡単で、
特別な技術を要しません。

この記事では、
「ミルクブリューの作り方は?」
「おいしく飲むにはどうすればいいの?」

といった質問に答えつつ、
おいしいミルクブリューを作る
3つのレシピをご紹介します。

使うコーヒー豆の種類や焙煎度による
味の差異も紹介していくので、
ご自身の好みに合わせて色々と試してみてください。

最高のミルクブリューをお楽しみいただけるはずです!

簡単でユニークなコールドブリュー:ミルクブリュー

ミルクブリューとは?

ミルクブリューは、
ミルクにコーヒー粉を浸して
じっくりと抽出する方法です。

通常の水を使うコールドブリューと異なり、
ミルクを用いることでコーヒーの豊かな風味と
香りを引き出します。

この抽出法は、
コーヒーがミルクに直接触れるため、
苦味やタンニンが抑えられ、
より滑らかでまろやかな味わいを楽しめます。

 

火を使わずに、材料を混ぜて
冷蔵庫で寝かせるだけで簡単に作れます。
出来上がりは、一般的なカフェオレや
カフェラテとは違って、
より濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。
カフェインを控えたい方にも適しており、
さまざまなアレンジが可能です。

味の多様性を楽しむ

ミルクブリューの特徴は、
加熱をせずに作るため、
コーヒー豆の風味がそのまま楽しめることです。

味の違いを出す主な要因として、
次の5点が挙げられます。

– コーヒー豆の種類
– 使用するミルクの種類
– コーヒー豆の焙煎度
– コーヒー粉の挽き具合
– 抽出時間

初めて作る際は、
お好みのコーヒー豆と
ミルクを選んで始めてみてください。

2回目からは味の調整も簡単にできます。

以前ブラックコーヒーが合わなかった方や、
余ってしまったコーヒー豆がある場合にも、
ミルクブリューは豆の味をマイルドに変えて
新しい風味を引き出します。

様々なコーヒー豆で、
自分好みの美味しいミルクブリューを見つけ、
その豊かな味わいを存分に楽しんでください。

ミルクブリューの作り方:3つのレシピ

ミルクブリューを作る方法はいくつかありますが、
ここでは特に美味しくて簡単に作れる
3つのレシピをご紹介します。

自宅で手軽に試せる材料で作れるので、
気軽に挑戦してみてくださいね。

①コールドブリューコーヒーバッグを使ったミルク抽出

もっとも簡単な方法は、
水出し専用のコーヒーバッグを使用することです。

これらは水出し用に適した
挽き具合のコーヒー豆を使用しており、
ミルクで抽出することでより滑らかな風味を楽しめます。

必要なもの

– 水出しコーヒーバッグ:1袋
– ミルク:500ml
– ボトルまたはポット

作り方

1. コーヒーバッグをボトルまたはポットに入れます。

2. ミルクを注ぎ、冷蔵庫で保管します。

3. 約8時間待ちます。

4. 完成したらグラスに注いでお楽しみください。

②コーヒー豆をティーバッグに詰めてミルクで抽出

家にコーヒー豆がある場合は、
自分で豆を挽き、空のティーバッグに
入れる方法もあります。

これにより、
好みのコーヒー豆を選んで使用できます。

必要なもの

コーヒー豆:30g
空のティーバッグ:1〜2枚
ミルク:500ml
コーヒーミル
ボトルまたはポット

作り方

1. コーヒー豆を細かく挽きます。

2. 挽いたコーヒーをティーバッグに詰めます。

3. バッグをボトルまたはポットに入れ、
ミルクを注ぎます。

4. 冷蔵庫で8時間待ちます。

5. ティーバッグを取り出して、
グラスに注ぎ完成です。

③コーヒー粉を直接ミルクに浸す

最も直接的な抽出方法で、
コーヒー粉をミルクに直接入れて抽出します。

この方法は、コーヒーの風味が
より強く感じられるでしょう。

ただし、抽出後のフィルタリングが必要です。

必要なもの

コーヒー粉:30g
ミルク:500ml
ボトルまたはポット
ペーパーフィルターとサーバー、ドリッパー

作り方

1. コーヒー粉をミルクに入れ、よく混ぜます。

2. 冷蔵庫で8時間寝かせます。

3. ペーパーフィルターをセットしたドリッパーとサーバーを用意し、ゆっくりと濾します。

4. 濾し終えたら完成です。

ミルクブリューの豊かなフレーバー

ミルクブリューは簡単に作れる上に、
多様なアレンジが可能です。

こちらでは、さまざまなコーヒー豆の特徴を紹介し、
お好きなものを試してみることをおすすめします。

コーヒー豆の多様性

世界各地で栽培されている
コーヒー豆は200種類以上あります。

それぞれの豆は、生産国や地域、
土壌の種類、水質、気候条件、
栽培方法、収穫時期によって、味や香りが異なります。

これらの地域の特徴がコーヒー豆に反映され、
ミルクブリューの風味を豊かにします。

また、カフェインや脂肪の含有量も
豆によって異なります。

ミルクとよく合うコーヒー豆の例は以下の通りです。

モカ

鮮やかな香りと
ストロベリーミルクを思わせる
甘い味わいが特徴です。

 

マンデリン

スパイシーな香りと濃厚な味わいがあり、
ハーブやシナモンのニュアンスが楽しめます

エチオピア

繊細で洗練された香りと、
ミルクティーを彷彿とさせる
上品な味わいがあります。

これらの豆を使用して、
ミルクブリューで異なる味と
香りの体験をぜひ楽しんでください。

 

ミルクブリューに適したミルクの種類

ミルクブリューを作る際、
通常は成分無調整ミルクを使用しますが、
その他にもさまざまな代替品が利用可能です。

それぞれのミルクの特徴を以下に紹介しますので、
風味や成分を参考にして選んでみてください。

成分無調整ミルク

このミルクは、
牛乳をそのまま殺菌したもので、
季節によって味が異なります。

夏場はさっぱりとした味わいで、
冬場はより濃厚です。

たんぱく質:3.3g
脂質:3.8g
炭水化物:4.8g
食塩相当量:0.1g
カルシウム:110mg

豆乳

豆乳は大豆のみから作られ、
特有の風味があり、やや苦味が特徴です。

料理やお菓子作りにも幅広く使用され、
加熱すると分離しやすい性質があります。

たんぱく質:3.6g
脂質:2.0g
炭水化物:3.1g
食塩相当量:0g
カルシウム:15mg

アーモンドミルク

アーモンドから作られる
「第三のミルク」とも呼ばれるこのミルクは、
香ばしくさっぱりとした味わいで、
ビタミンEが豊富に含まれています。

たんぱく質:1.0g
脂質:2.9g
炭水化物:3.9g
食塩相当量:0.5g
カルシウム:60mg

オーツミルク

オーツ麦を原料とする
この植物性ミルクは自然な甘みと
濃厚な口当たりが魅力で、

たんぱく質:0.2g
脂質:1.5g
炭水化物:7.0g
食塩相当量:0.1g
カルシウム:120mg

これらの中から、ミルクブリューに
最適なものを選んで、
個性的な風味をお楽しみください。

コーヒー豆の焙煎段階

コーヒー豆を焙煎することで、
豆の多彩な風味と香りが引き出されます。

焙煎は豆に熱を加える時間や方法によって異なり、
一般的に8段階で区分されます。

各段階でコーヒーの苦味、
酸味、色が変わりますので、
ミルクブリューを作る際の豆選びや
自家焙煎の際にこの情報を参考にしてください。

浅煎り
フルーティーで香り高い。
ミルクティーのような甘みと洗練された味わい。
苦味が少なく、酸味が優しい。
深煎り
強い苦味と豊かなコクが特徴。
コーヒー本来のリッチな味わい。
ミルクとの相性が良い。

コーヒー粉の粒度

コーヒー豆の挽き方によって
風味や抽出の濃度が変わります。

細かいものから粗いものまで
5段階に分かれており、粒度が異なると
抽出される成分や表面積に差が出るため、
コーヒーの風味や濃度に大きな影響があります。

中細挽き
一般的でバランスの良い選択肢。
粒の大きさはグラニュー糖程度。
中挽き
苦味や渋みが少なく感じられる。
粒の大きさはグラニュー糖とザラメの中間程度。

ミルクブリューでは、
雑味を抑えつつコーヒーの
良い成分を抽出するために

「中細挽き」または
「中挽き」が適しています。

抽出時間

ミルクブリューの
理想的な抽出時間は通常8時間ですが、

これを超えるとコーヒーの細かな雑味が増え、
滑らかな味わいが損なわれることがあります。

しかし、コーヒー豆の種類、ミルクの種類、
焙煎度、挽き目
によって最適な抽出時間は異なります。

より強いコーヒー風味を求める場合は
10時間以上、異なる材料を使用する場合は
深煎りで12時間以上の抽出が推奨されます。

 

自分だけのミルクブリュー作りを楽しもう!

ミルクブリューの作り方は3つあり、
どれもシンプルで簡単です。

通常のコーヒーのように
加熱や蒸らしの手間がなく、
やけどする心配もありません。

さまざまなレシピを試し、
あなたにとって最も美味しい
ミルクブリューを発見しましょう。

ミルクブリューの味を
決める主な要素は次の5つです。

コーヒー豆の種類
使用するミルクの種類
コーヒー豆の焙煎度
コーヒー粉の挽き目
抽出時間

飲むときには、ホットにして暖かくしたり、
好みで砂糖を加えて甘くするのもおすすめです。

小規模なバッチで作って、
様々な味を比較するのも楽しいですね!

タイトルとURLをコピーしました