ブラジル産コーヒーの魅力:バランスの良い風味とその楽しみ方&おすすめの豆

基本

赤道周辺のコーヒーベルト地帯に
位置する数多くの国々の中でも、
ブラジルはコーヒーの生産量と
輸出量で世界トップクラスです。

特にブラジルのミナスジェライス州は、
その広大な土地を活かしたコーヒー栽培が特徴で、
日本からは約18,000kmも離れており、
地球の半周にも相当します。

そんな遠い国から届く
ブラジル産のコーヒーについて、
もっと深く知り、楽しんでみませんか?

この記事では、ブラジル産コーヒーの
特徴やおいしい飲み方を詳しくご紹介します。

コーヒー愛好家にとって知りたい情報をお届けし、
特におすすめのコーヒー豆もご案内します。

ブラジル産コーヒーの栽培:広大な農地から生まれる豊かな風味

ブラジルと日本の違いを比較して

日本と比べると、ブラジルは
その広さと気候の多様性で知られています。

ブラジルと日本の基本情報

国土面積:

ブラジルは約851万2,000平方キロメートル、
日本は約37万975.61平方キロメートルです。

人口:

ブラジルは約2億947万人、
日本は約1億2,536万人です。

首都:

ブラジルの首都はブラジリア、
日本の首都は東京です。

使用言語:

ブラジルではポルトガル語が、
日本では日本語が使用されています。

コーヒー消費量:

ブラジルの1人当たりの
年間コーヒー消費量は6.25kg、日本では3.64kgです。

ブラジルは南米大陸のおよそ半分を占め、
日本の約23倍の面積を持っています。

この国は赤道近くのコーヒーベルトに位置し、
北部は熱帯気候、中部は亜熱帯気候、
南部は温帯気候と、さまざまな気候が
コーヒー栽培に適しています。

ラジルでは、コーヒーは
日常生活に欠かせないもので、
「カフェ・ダ・マニャン(朝のコーヒー)」
として広く親しまれています。

コーヒーの生産量と輸出量

生産量:

ブラジルは3,009トンで世界第1位です。

輸出量:

また、輸出量も2,231トンで世界第1位です。

日本への輸入量:

日本へのコーヒー生豆の輸入量は
116,816トンに上ります。

ブラジル産のコーヒーは、
その生産量と輸出量で
世界市場の約30%を占めており、
ベトナムを大きく上回る生産国です。

ブラジルはコーヒーの大国として
その地位を確立しています。

日本への輸入も盛んで、
その価格は比較的手頃です。

高品質でありながらリーズナブルな
価格のブラジル産コーヒーは、
日本国内の多くの家庭やカフェで愛されています。

ブラジル産コーヒー:約60億本のコーヒーの木が生育する広大な農地

コーヒー農園の面積

約27,000平方キロメートル

栽培方法

ドライプロセス、セミウォッシュド

収穫方法

機械収穫、手作業収穫 収穫時期 5月から8月

ブラジルは、農業だけでなく
先進的な工業も発展している国です。

広い平地に広がる大規模な農園では、
機械を用いた効率的なドライプロセスが行われています。

一方、山岳地帯の小規模な農園では、
人の手によるセミウォッシュド(パルプドナチュラル)
の方法が採用されています。

ドライプロセス(機械収穫)

  • コーヒーチェリーを乾燥させて果肉とシルバースキンを同時に除去する方法です。
  • 一粒ずつの選別が可能で、完熟した豆だけを収穫することができますが、コスト効率は低いです。 セミウォッシュド(手作業収穫)
  • 果肉を取り除いた後、乾燥中に残ったシルバースキンを取り除く方法です。
  • 果肉除去機(パルパー)を使用することで、豆の均一性が向上します。
  • コストパフォーマンスが良いですが、一度に大量に選別するため、豆のロスが多くなります。
ブラジル全土で栽培されている
約60億本のコーヒーの木は、
それぞれ異なる高度や気候条件で
様々な栽培方法が施されています。

その結果、多種多様なコーヒー豆が生産されています。

ブラジル産コーヒーの品種と特徴について

ブラジル産のコーヒーは
どのような味がするのでしょうか?

ここではそのコーヒー豆の種類と
特性を詳しく見ていきます。

アラビカ種が主流

ブラジルで栽培されている
コーヒー豆の大部分はアラビカ種で、
全生産量の約60%を占めています。

カネフォラ種に比べ、アラビカ種は糖分、
酸味、脂肪分が豊富で、その結果、
酸味が強く甘い香りが特徴です。

ブラジルのアラビカ種はさまざまな
品種改良が行われており、
主要な品種には以下があります。

  • ブルボン
  • カトゥアイ
  • カトゥーラ
  • ムンドノーボ

これらの品種からは、

サントス、サンジョゼ、
カクェンジ、カドテアズールといった
有名な銘柄が生まれています。

それぞれのコーヒーには
個性的な味わいがあります。

サントス

バランスの取れた酸味と苦味、
柔らかな口当たり。

サンジョゼ

柔らかい酸味にビターチョコレートやアーモンドの甘みと深いコクが感じられる。

カクェンジ

ラズベリーを思わせる甘酸っぱさとキャラメルの甘さが特徴。

カドテアズール

適度な酸味とやさしい甘み、
ほのかなコクと苦味が調和しています。

カネフォラ種(ロブスタ)は全体の約30%

全生産量の約40%を占めるカネフォラ種は、
一般に「ロブスタ」として知られ、
原産国はアフリカのコンゴです。

カフェイン含有量がアラビカ種の約2倍であり、
クロロゲン酸が多く含まれているため、
強い苦味と香ばしい香りが特徴です。

ブラジルでは「コニロン」としても知られており、
主にインスタントコーヒーや
缶コーヒーなど工業用原料や
国内消費に用いられています。

本格的なブラジル産コーヒーの楽しみ方

さまざまな種類のコーヒーがありますが、
最もおいしく飲むためには、
自分で豆を挽いて淹れるのが一番です!

ここでは、ブラジル産コーヒーを
最大限に楽しむための方法をいくつか紹介します。

焙煎度を調整してみる

コーヒー豆の焙煎は風味を
引き出すための重要な工程です。

ブラジル産の豆は多用途に使え、
浅煎りから深煎りまで様々な
焙煎度で楽しむことができます。

たとえば

ミディアムローストで酸味を楽しむ
ハイローストやシティーローストで苦味と酸味のバランスを味わう
フルシティーローストで強い苦味を感じる
エスプレッソやカプチーノでは、
より深い苦味のフレンチローストや
イタリアンローストがおすすめです。

 

ブラジル産と他地域の豆との
焙煎度を比較してみるのも面白いでしょう。

自分だけのブレンドを作る

ブラジル産コーヒーをベースに、
独自のブレンドを試してみましょう。

そのバランスの良い苦味と酸味は、
どんな豆とも合わせやすく、
以下のような組み合わせがおすすめです。

  • ブラジル + コロンビア + グアテマラ = 甘みと深いコクのあるマイルドな味わい
  • ブラジル + エチオピア = 華やかでフローラルな香りと酸味

これらの組み合わせを試しながら、
新しいフレーバーを発見することができます。

自作のブレンドは特別なプレゼントにもなります。

エスプレッソで味と香りを確かめる

ミルクや砂糖を加えずに、
ブラジル産コーヒー豆の本来の味と
香りを体験しましょう。

ブラジルのコーヒー栽培は
300年以上の歴史があり、
今ではエスプレッソが一般的です。

その濃厚な風味とバランスの
良い味わいを楽しむことができます。

たっぷりの砂糖でブラジル風に楽しむ

ブラジルの伝統的な飲み方を試して、
その文化を体験してみましょう。

特に、ホットエスプレッソに
たっぷりの砂糖を加えるのが一般的です。

例えば、エスプレッソ一杯(30ml)に対して、
スプーンで4〜5杯の砂糖を
加えることがおすすめされています。

アレンジコーヒーを試してみる

ミルクや砂糖を加えた
エスプレッソベースの
アレンジコーヒーも楽しいです。

豊かなフレーバーは
どんな組み合わせでも
素晴らしい味わいを生み出します。

以下のメニューを試してみてください。

  • カフェラテ
  • カフェモカ
  • カプチーノ
  • アフォガート
  • マロッキーノ
  • キャラメルラテ
  • キャラメルカプチーノ
  • チョコレートカプチーノ

これらのドリンクを自宅で作って、
カフェ気分を味わいましょう。

ブラジル産コーヒー豆のおすすめトップ3

 

どのコーヒー豆が特においしいのでしょうか?

ここでは特におすすめの
ブラジル産コーヒー豆をご紹介します。

①オーガニック ブラジル | 東京コーヒー

このオーガニックブレンドは、
深いコクとわずかな甘みを感じる繊細な酸味が特徴です。

全て有機栽培で、
JAS認証も取得済みです。

新鮮な豆を自家焙煎しており、
焙煎直後にパッケージされるため、
フレッシュな風味が堪能できます。

フルシティーローストでは、
適度な酸味とバランスの良い
苦味がエスプレッソにぴったりです。

②スペシャリティ セット | 澤井珈琲

ブラジルの上質なコーヒー豆を
使用したブレンドセットです。

イエローマウンテン(深煎り)は、
濃厚でフルーティーな風味が特徴です。

サントス・プリンセス(中深煎り)は、
豊かなコクと香りがデザートとの相性を抜群にします。

③サントスNO2 17/18 | ダートコーヒー

国内の認定士による厳格な
品質チェックを通過した高品質の豆です。

「No.2 17/18」は、その品質を示す格付けで、
豆の選別から挽き具合まで、8段階の焙煎度が選べます。

どんなコーヒー好きにも
満足していただけるカスタマイズが可能です。

価格:507円/100g(税込)
賞味期限:製造日から6ヶ月

ブラジル産コーヒーの多用途性

ブラジルは広大な土地で育つ
歴史あるコーヒーが豊富で、
品種や銘柄によって異なる酸味と
苦味のバランスが特徴です。

ストレートでもブレンドでも美味しく楽しめます。

今回紹介した飲み方を試して、
コーヒーの深みを実感してください。

快適なコーヒータイムをお楽しみいただけるはずです。

タイトルとURLをコピーしました