どこが違う?スペシャルティコーヒーの魅力と手軽に楽しめるドリップバッグ3選

基本

カフェや専門店でよく見かける
「スペシャルティコーヒー」

「なぜ特別なの?」
「どのような基準でスペシャルとされているの?」
「誰がその基準を決めているの?」

これらの疑問を持つ方は少なくないでしょう。

スペシャルティコーヒーは、
コーヒーのカテゴリーの一つで、
日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が主導して、日本人の嗜好に合った高品質な
コーヒーの評価と提供を行っています。

この記事では、スペシャルティコーヒーが
どのように選ばれるか、その魅力を
わかりやすく解説します。

また、美味しい入れ方と手軽に試せる
おすすめのドリップバッグを紹介するので、
この機会にコーヒーの深みをぜひ味わってみてください。

スペシャルティコーヒーの魅力と定義

意味と目的

スペシャルティコーヒーは、
単に「美味しいと感じるコーヒー」
と表現されがちですが、
実は明確な基準に基づいています。

「カップに注がれたコーヒーが最高の風味を持つこと」
が究極の目標で、そのためには
豆の選び方からカップの選定に至るまで、
各ステップで厳しい基準が適用されています。

スペシャルティコーヒーの優れた点は
以下の三つに集約されます。

  • 際立つ風味
  • 明るい酸味
  • 続く甘さ

これらの特徴がどのようにコーヒーに表れるか、
そしてその過程でどのような工夫が
されているのかを知ることが重要です。

豆の生産から最終的な提供に至るまで、
一貫した品質管理が行われています。

スペシャルティコーヒーの誕生背景

1960年代から1990年代にかけての
コーヒーの大量生産と消費は、
品質の低下をもたらしました。

安価なコーヒー豆を大量に
仕入れることが一般的になり、
それにより生産者の収入が減少し、
品質が落ちました。

このような状況に対応するため、
単に価格を追求するのではなく、
高品質なコーヒー豆を提供し、
生産者と農園を守ることを目的とした
スペシャルティコーヒーが誕生しました。

活動団体「日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)」

1987年に設立された
日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)は、

スペシャルティコーヒーの普及と
理解を深めることを目的としています。

現在、1,750人以上の会員が所属しており、
国内外でのスペシャルティコーヒーの
推進に努めています。

会長の菅野眞博氏は、
「スペシャルティコーヒーを
もっと身近に感じてもらいたい」と願っており、
その活動は以下の四つの目標に基づいています。
  • コーヒーに関する体系的な知識と技術の普及
  • 日本のコーヒー文化の形成と発展
  • コーヒー生産国の環境と生活水準の向上
  • 世界のスペシャルティコーヒー運動への貢献

スペシャルティコーヒーと
ドリップバッグの世界を探求し、
その豊かな風味と背後にある
ストーリーをぜひ体験してください。

スペシャルティコーヒーの評価基準

何がスペシャルティコーヒーを特別にするのか?

スペシャルティコーヒーが
特別な理由には明確な基準があります。

ここではスペシャルティコーヒーがどのようにしてその称号を得るのか、主要な評価ポイントを紹介します。

カップ・クオリティの完璧さ

抽出されたコーヒー、すなわちカップ・クオリティには、欠点や傷が一切許されません。

コーヒーが持つ原産地の風味が
明確に感じられるための高い透明性が必要とされます。

コーヒーチェリーの甘さ

収穫されたコーヒーチェリーの甘さは、
ただ糖分が豊富であることだけでなく、
熟度や均一性も重要視されます。

甘さとともに他の味覚成分の
バランスが良いことが評価基準です。

明るく爽やかな酸味

コーヒーに爽快感を与える
明るく爽やかな酸味が必要です。

この酸味は繊細で、単に酸っぱいだけではなく、
酸の質が評価されます。

滑らかな質感

飲む際のコーヒーの質感が非常に重要です。

粘り気や密度、濃度、重さ、舌触りの
滑らかさなどが質感に含まれ、
質感が良いと全体の印象が向上します。

際立つ風味特性

スペシャルティコーヒーでは、
風味が際立っていることが求められます。

栽培から焙煎、抽出に至るまでの
プロセスが適切に管理されれば、
原産地の風味が正しく表現されます。

甘い後味

コーヒーを飲んだ後の甘い後味も
重要な評価ポイントです。

後味が快適であるかどうかがチェックされ、
不快な感触を与えるものは評価されません。

優れたバランス

コーヒーの風味のバランスが取れていることが重要です。

全体の調和を見て、特に優れている点や
欠けている点を評価します。

これらの基準を満たした
コーヒーのみがスペシャルティコーヒーとして認定され、
ドリップバッグにもその品質が保証されます。

スペシャルティコーヒーに関連する用語の解説

スペシャルティコーヒーを学ぶ中で、
普段耳にしない用語に遭遇することが多いですよね。

今回は、スペシャルティコーヒーについて
より深く理解するために知っておくべき
重要な用語を4つご紹介します。

サステナビリティ(sustainability)

サステナビリティ、日本語で「持続可能性」
と訳されることが多いこの用語は、
スペシャルティコーヒー界で特に重要視されています。

これは、生産者が持続可能な方法で
コーヒーを生産し、将来にわたって
安定して高品質のコーヒーを消費者に
提供し続ける能力を持っている状態を指します。

トレイサビリティ(traceability)

トレイサビリティ、すなわち「追跡可能性」は、
コーヒー豆の生産から消費者に至るまでの
全過程が透明であることを意味します。

これにより、消費者は製品の起源を正確に把握でき、
品質の保証や安全性の向上に繋がります。

サードウェーブコーヒー(third wave of coffee)

「サードウェーブコーヒー」は、
コーヒー産業における文化的な動向を示す用語です。

この運動は1970年代から
2000年初頭にかけて、
主に欧米で広まりました。

この流れはコーヒーの品質と
消費者体験に重点を置くことが特徴で、
スペシャルティコーヒーと共通する
高品質への注目を反映しています。

カップオブエクセレンス(Cup of Excellence)

カップオブエクセレンスは、
毎年開催される国際的なコーヒー品評会で、
その年に収穫された中で特に優れた
コーヒー豆を選出します。

評価が高いコーヒーは、生産者の功績が
認められるだけでなく、
豆自体の市場価値も向上します。

これらの用語を把握することで、
スペシャルティコーヒーや
ドリップバッグに関する議論が
一層充実したものとなります。

スペシャルティコーヒーの楽しむための淹れ方

スペシャルティコーヒーは
そのユニークな風味が魅力です。

ここでは、その風味を最大限に
引き出すためのおすすめの淹れ方を紹介します。

フレンチプレスで味わう

豊かな風味のスペシャルティコーヒーを楽しむには、
「フレンチプレス」が最適です。

お湯を注ぎ、3〜4分待つだけで
コーヒー本来の味が手軽に味わえます。

コーヒーの油分を保持しながら
抽出できる金属製フィルターを使えば、
より濃厚な味わいを楽しめます。

ハンドドリップで自分好みに

スペシャルティコーヒーを自分好みに楽しむなら
「ハンドドリップ」がおすすめです。

コーヒー粉の量、お湯の温度、
抽出時間を調整して、味の違いを楽しめます。

クリスタルドリッパーを使うと、
その形状が均一な抽出を促し、
より美味しいコーヒーができあがります。

通販で手軽に楽しめるドリップバッグ

自宅で気軽にスペシャルティコーヒーを楽しみたい時には、
ドリップバッグが非常に便利です。

以下で人気のスペシャルティコーヒーを紹介します。

ロクメイコーヒー|コーヒーギフト

昭和49年創業のロクメイコーヒーからは、
日々の生活を豊かにする4種類のブレンドが
詰められたドリップバッグセットがあります。

 

朝から夜まで、どんな時でも
その場に合ったコーヒーを手軽に楽しめます。

加藤珈琲|深い香りのドリップバッグセット

加藤珈琲のドリップバッグは、
ニカラグアとグアテマラの
スペシャルティコーヒーを使用しています。

じっくりと深めに焙煎された豆は、
濃厚なコクと深い香りが特徴です。

ミルトンコーヒーロースタリー|おすすめドリップパック

ミルトンコーヒーロースタリーでは、
カップオブエクセレンスで高評価を
受けたコーヒー豆をセレクトしています。

4種類のドリップパックは、
それぞれ生産者の顔写真付きで、
品質への信頼が一層深まります。

スペシャルティコーヒーの
独特な魅力を引き出すためには、

フレンチプレスやハンドドリップで
丁寧に淹れる方法がありますが、
忙しい朝にはドリップバッグを使って
手軽に楽しむこともできます。

さまざまな方法で、その豊かな
味わいをお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました