「コールドブリューコーヒー」で特別な味わいを楽しむ方法

おうちで

夏が訪れると、よく見かけるようになる
「コールドブリューコーヒー」

家庭でたくさん作り、冷蔵庫で
保管しておく方が多いですよね。

「いつもは同じコーヒー豆と水を使用しています」
「手軽に作って冷やしています」
「少し味にマンネリを感じています」

そんな風にお感じの方へ、
コールドブリューコーヒーをより美味しく、
楽しく味わうためのアイデアをご紹介します。

この機会に、その魅力的な味の特徴を再発見し、
暑い季節でも心地よいコーヒータイムを
お過ごしいただけたらと思います。

じっくりと時間をかけて抽出する

「コールドブリュー」
「コールドブリュー(COLDBREW)」は、

日本を含む世界中で人気の
水出しアイスコーヒーの一種です。

別名「ダッチコーヒー」
「キョートコーヒー」とも呼ばれ、
コーヒー豆の豊かな風味と香りを
最大限に引き出す抽出方法として知られています。

この方法の起源は、アメリカの
カフェがインドネシアのカネフォラ種
ロブスタのコーヒー豆を使いやすくするために
考案したものです。

その後、京都の喫茶店のマスターが
低温抽出法を完成させ、日本全国に広まりました。

クリアで飲みやすい味わい

コールドブリューの魅力は、
そのすっきりとした飲みやすい味わいと
豊かな香りです。水だけでゆっくりと抽出するため、
タンニンやカフェインが少なく抽出され、
苦味や雑味が少なくなります。

その結果、飲む際には香りが豊かに広がります。

抽出方法には2種類あります

コールドブリューには、
異なる二つの抽出方法があります。

特徴と抽出時間 浸漬式(浸漬法)
よりクリアな味わい、
約8〜12時間 滴下式(透過法)
濃厚でまろやかな味わい、約3時間

浸漬式は、コーヒー粉を
水に浸して抽出する方法で、
時間をかけることでコーヒーが均一に溶け出し、
クリアな味わいが得られます。

一方、滴下式ではコーヒー粉に
水滴を落として抽出する方法で、
味にコクが生まれます。

どちらの方法も、ペーパードリップや
ネルドリップと比べて簡単で、
味の一貫性が保たれる点が魅力です。

これからその楽しい作り方を
一緒に見ていきましょう。

コールドブリューコーヒーを始めよう

コールドブリューコーヒーをお家で楽しむために、まずは必要なアイテムを揃えましょうね。

抽出器具の選び方

水出しコーヒーポット(浸漬式)

手軽でお求めやすい価格のこのポットは、
約1,000円から手に入ります。

購入する際には、冷蔵庫での
収納のしやすさや使い勝手を考えて、
横に置けるタイプや持ち手が
ついているタイプを選ぶと便利ですよ。

ティーバッグやハーブティーにも
使えるタイプがあるので、いろいろな
ドリンクを楽しめます。

ウォータードリッパー(滴下式)

ゆっくりと水が滴り落ちるのを
見ることができるので、
コーヒーができる過程も楽しめます。

シンプルなモデルから高機能なものまであり、
デザイン性に富んだ製品も多いので、
お部屋のインテリアに合わせて選ぶのもいいですね。

水の選び方

カルキを抜いた水

コーヒーの味を左右するカルキ臭を取り除くために、
一度沸騰させてから冷ますといいですよ。

ミネラルウォーター

より手軽に、そしてコールドブリューコーヒーの
優しい味わいを保つためには、
カルキのないミネラルウォーターを
使うのがおすすめです。

特に軟水を選ぶと、よりまろやかな
口当たりを楽しめます。

コーヒー豆の選び方

焙煎度

深煎り(フルシティ、フレンチ、イタリアンロースト)

コールドブリューには濃厚な風味が
引き出せる深煎りの豆がぴったりです。

挽き方

水出しコーヒーポット用は中粗挽き、
ウォータードリッパー用は細挽きから
中細挽きが最適です。

粒度によって抽出される時間が変わるため、
使用する器具に合わせた挽き方を選ぶことが大切です。

品種

酸味が少ない豆が好まれます。

特に日本人の口に合う
酸味の少ない品種を選ぶと良いでしょう。

例えば、バランスの良いブラジル産の
豆はスッキリとした味わいで飲みやすく、
インドネシア・スマトラ産のマンデリン豆は、
ガツンとくる深い味わいが特徴です。

これで準備は整いました。

さあ、お好みのコールドブリューコーヒーを
家でゆっくりと楽しんでみましょうね。

自宅で楽しむコールドブリューコーヒーの作り

コールドブリューコーヒーは、
お家でゆったりと楽しむのに最適です。

作り始める前に、
必要なものを揃えましょうね。

【用意するもの】

  • 水出しコーヒーポット(500mlから1000ml)
  • コーヒー豆(80gから100g)
  • 水(500mlから1000ml)

①コーヒー豆を新鮮に挽く

まずは、コーヒー豆を挽いてみましょう。

市販の挽いたコーヒーも便利ですが、
自宅で豆を挽くときの新鮮な香りや
感触を楽しむのも一興です。

均一に挽くためのコツを
コーヒーミルでマスターするのも、
コールドブリューの醍醐味の一つですよ。

②挽いたコーヒー粉を水でじっくり抽出

挽きたてのコーヒー粉をポットに入れ、
ゆっくりと水を加えていきます。

コーヒー粉が均一に湿るように、
水を「の」の字に注ぐといいですね。

この工程でコーヒー豆が
均等に抽出され、
おいしいコーヒーが作れます。

③抽出時間を待つ

コーヒー粉と水をセットしたら、
冷蔵庫で8時間から12時間
じっくりと抽出させましょう。

この待ち時間が楽しみですね。

夜にセットしておけば、
朝起きたときには美味しい
コールドブリューコーヒーが完成しています。

④完成したコーヒーを堪能する

抽出が終わったら、
保冷機能のあるグラスに注ぎ、
まずは何も加えずそのままの味を楽しみましょう。

コーヒー豆の本来の味や香り、
そしてコールドブリューならではの
さっぱりとした味わいが堪能できます。

特に夏は、保冷機能付きのグラスを使うと、
いつでも冷たくておいしいコーヒーが楽しめますよ。

おしゃれなデザインのグラスも多いので、
お気に入りを見つけてみてくださいね。

こんな風にコーヒータイムを特別なものにしましょう。

コールドブリューコーヒーのアレンジで楽しさいっぱい

コールドブリューコーヒーを
さまざまな方法でアレンジして、
毎日のちょっとした楽しみにしてみませんか?

自宅で手軽に作れるこのコーヒーは、
ちょっとしたアレンジでいろんなシーンに合わせて
楽しむことができますよ。

朝の目覚めに、リフレッシュしたいとき、
食事と一緒に、リラックスタイムにと、
使い分けも自由自在です。

いくつかアレンジの例をご紹介しますね。

  • お湯で割ってホットに
  • ミルクを加えてまろやかに
  • ミルクシェイクで甘く
  • アーモンドミルクで

そして、インターネット上には
もっと多くのレシピがあるので、
色々と試してみるのも楽しいです。

今回は特におすすめの
「フルーツコールドブリューコーヒー」
の作り方をご紹介します。

フルーツで爽やかなコールドブリューコーヒー

コールドブリューコーヒーの
すっきりとした味わいに
フルーツの鮮やかな酸味が加わると、
味も見た目も楽しめる素敵なドリンクになります。

特に夏にぴったりで、
SNSでも話題ですね。

【用意するもの】

  • コーヒー粉(深煎り・細挽き):約35g
  • オレンジ:1/2個
  • 常温水:500ml
  • 水出し用の紙バッグ:1枚
  • 広口のポット

【作り方】

  1. オレンジはしっかり洗い、薄くスライスして種を取り除いてください。
  2. コーヒー粉を水出し用の紙バッグに入れます。
  3. ポットにスライスしたオレンジとコーヒー粉入りのバッグをセットし、常温の水をゆっくりと注いでください。
  4. バッグがしっかりと水に浸かるように、スプーンで優しくかき混ぜます。
  5. そのまま冷蔵庫で4〜8時間ほど抽出を待ちます。
  6. 抽出が完了したら、完成です。お好みで氷を足して、さわやかなフルーツコールドブリューコーヒーをお楽しみください。

市販のコールドブリューコーヒーで気軽に楽しむ方法

 

お急ぎの時には、
市販のコールドブリューコーヒーがとても便利ですよ。

コンビニやスーパー、
カフェにはそれぞれ個性的な
コールドブリューコーヒーが並んでいます。

自宅で淹れるコーヒーとは異なる、
プロの味わいを楽しむのも素敵ですね。

スターバックス | コールドブリューコーヒー

特別なブレンドとローストを
施したコーヒー豆を使って、
14時間かけて丁寧に水出ししたコーヒーです。

豊かな香りと滑らかな口当たりが特徴です。

スターバックス | コールドブリューコーヒーフラペチーノ®

コールドブリューコーヒーに
上質なミルクを合わせた、
爽やかでクリーミーな一杯。

コーヒー本来の深い味わいもしっかり感じられます。

タリーズコーヒー | 水出しアイスコーヒー

エチオピア産のゲイシャ種を使用した、
鮮烈な酸味とチョコレートのような甘味、
華やかな香りが楽しめるアイスコーヒーです。

UCC上島珈琲 | コールドブリューブラック

特殊な焙煎技術で仕上げたコーヒー豆を、
天然水でじっくりと抽出。

ペットボトル入りで、
深い香りと持続する美味しさが魅力です。

コールドブリューコーヒーを存分に楽しむ

コールドブリューコーヒーの味わいは、
豆の種類、挽き方、抽出時間、
そしてどのようなグラスで提供するかによって
大きく変わります。

少しの変化で新しい発見があるかもしれませんね。

異なる飲み方を試したり、
新しい飲み比べをしてみるのも楽しいですよ。

夏の暑い日には、冷たいコーヒーがぴったり。

おもてなしや、自分だけの特別な
アレンジを楽しむのもおすすめです。

飲むときには、保冷機能付きのタンブラーを使うと、より長く美味しく楽しめますよ。

タイトルとURLをコピーしました