コーヒー豆の5つの挽き方:各スタイルに適した抽出方法と器具の紹介

基本

コーヒー豆をそのままでは
飲むことはできませんので、
粉に挽く作業が必要です。

挽くことで広がる香りや挽きたての豊かな風味は、
家庭でコーヒーを楽しむ際の大きな魅力です。

いろいろな挽き方をマスターして、
自分だけのお気に入りの一杯を
淹れてみてはいかがでしょうか?

この記事では、コーヒー豆を挽く
基本的な5つの方法をご紹介します。

それぞれに最適な抽出方法と
適した器具についても詳しく解説し、

あなたのコーヒー豆から最良の味を
引き出すお手伝いをします。

さらに、挽き方が異なると
どのように風味が変化するかの
例を4つ紹介するので、参考にしてください。

コーヒー豆の挽き方を学ぼう!

挽くことの利点と欠点

コーヒーはコーヒー豆の風味と
香りを水やお湯で引き出します。

コーヒー豆を細かく挽くことで、
表面積が増え、豆がより抽出されます。

しかし、挽いたコーヒーは
空気との接触面積が増えるため、
酸化が早く進むというデメリットもあります。

挽き方による風味の違い

コーヒー豆を挽く方法には
5つの主な種類があり、それぞれ
異なる粒度があります。

粗い砂利のようなものから
細かい砂のようなものまで多様です。

挽かれたコーヒー粉の表面積や
体積が異なるため、
それによってコーヒーの濃度や風味に違いが生じます。

これが淹れ方や使用する
抽出器具にも影響を与えます。

挽き方に応じた適切な淹れ方と抽出器具

以下では、5つの主要なコーヒー豆の挽き方と、
それに合わせた最適な淹れ方や抽出器具をご紹介します。

一覧表

挽き方 粒の大きさ(目安) 淹れ方&抽出器具
極細挽き 微細なパウダー ・エスプレッソマシン
・イブリック
(ターキッシュコーヒー用)
細挽き 細かい砂糖ほど ・ウォータードリップ
(水出しコーヒー)
中細挽き 普通の砂糖ほど ・ペーパードリップ
・コーヒーメーカー
中挽き 粗めの砂糖ほど ・サイフォン
・ネルドリップ
・フレンチプレス
粗挽き 粗い砂糖 ・パーコレーター

極細挽き(ごくぼそびき):強い苦味が特徴

極細挽きは「上白糖」に匹敵する細かさで、
ココアパウダーのような質感
コーヒー粉を生成します。

この挽き方でコーヒー豆が
最も効率的に抽出され、その結果、
表面積が広がります。

これによって苦味や渋味といった
強い風味が強調される傾向があります。

エスプレッソマシンや
トルコ式コーヒーのためのイブリックなど、
短時間で抽出する器具が適しています。

細挽き(ほそびき):苦味とコクのバランスが取れる

細挽きは「上白糖とグラニュー糖の中間」の粒度で、
濃厚なコーヒー粉が得られます。

この挽き方から生まれる粉は
冷水抽出に適しており、
ウォータードリッパーでの
使用が推奨されます。

この方法で6〜8時間かけて抽出すると、
滑らかで飲みやすい水出しコーヒーが完成します。

中細挽き(ちゅうほそびき):良好な風味バランス

中細挽きは「グラニュー糖」程度の粒度を持ち、
市販のレギュラーコーヒーで広く使われています。

お湯の流れと接触時間が
バランスよく調整され、
均一な抽出が可能です。

ペーパードリップやコーヒーメーカーでの
使用に最適で、広範囲に支持される挽き方です。

中挽き(ちゅうびき):控えめな苦味

中挽きは「グラニュー糖とザラメの中間」の粒度で、
比較的小さい表面積のため、
苦味や渋みが抑えられます。

この挽き具合で得られるコーヒーは、
サイフォン、ネルドリップ、
フレンチプレスなど、
長時間抽出する方法に適しています。

粗挽き(あらびき):際立つ酸味

粗挽きは「ザラメ」の粒度に相当し、
広い表面積のため、苦味や渋みが少なく、
酸味が強調されます。

この挽き方では高温で
長時間抽出することが重要で、
特にアウトドアで使うパーコレーターがおすすめです。

直火で加熱することにより、
じっくりと抽出が行え、大きな粒度のため
バスケットからのこぼれも少なく、
粉っぽさが抑えられます。

コーヒー豆の挽き方をマスターしよう

コーヒー豆を正しく挽くことで、
美味しいコーヒーの準備ができます。

今回はコーヒー豆を挽く際の
4つの重要なポイントをご紹介します。

これらを実践することで、
コーヒー豆の真価を最大限に引き出せます。

  • 淹れる直前に必要な分量だけを挽く
  • 粒度を均一に保つ
  • 使用する抽出器具に適した挽き方をする
  • 余ったコーヒー豆は適切に保管する それでは、これらのポイントを一つずつ詳しく説明します。

1. 淹れる直前に必要な分量だけを挽く

コーヒーは新鮮な状態で最も美味しく、
淹れる直前に挽くことが推奨されます。

挽いた後のコーヒー豆は
時間とともに酸化し始め、風味が失われます。

一般的に、コーヒー豆の鮮度は焙煎後約30日
コーヒー粉は約14日が目安です。

よく言われるのは
「挽いた後は可能な限り早く使い切るように」
というものです。

直前に挽くことで、
最高の香りと味を楽しめます。

2. 粒度を均一にそろえる

均一な粒度でコーヒー豆を挽くことにより、
お湯が一様に抽出物を通過し、
コーヒーの風味を最大限に引き出します。

粒度が不均一だと、抽出時にムラが生じ、
コーヒー本来の美味しさを
十分に引き出せなくなる可能性があります。

家庭用のコーヒーミルには、
主に電動ミルと手動ミルの2タイプがあります。

電動ミルは手軽に大量に
挽ける利点がありますが、
スペースを取ることや
大きな動作音がデメリットとなります。

手動ミルでは挽く感触を楽しむことができ、
どこでも使用できますが、
それには時間と体力が必要です。

ミルを選ぶ際は、価格やサイズ、
ライフスタイルや使用頻度を考慮して、
自分に合ったものを選ぶことが重要です。

コーヒーミルがない場合の代替方法

プレゼントでコーヒー豆をもらったけれど、
家にミルがないこともありますよね。

そのような時には、
家にある他の調理器具を活用してみましょう。

電動ミルの代わりに →
ミキサーやフードプロセッサーを使用
手動ミルの代わりに →すり鉢を利用

ただし、これらの道具は
コーヒーミル専用ではないため注意が必要です。

ミキサーを使う場合は、
刃にコーヒー粉が詰まるリスクがあり、
コーヒー豆が早く劣化する可能性があります。

すり鉢を使用すると、
手動ミルを使う以上に時間と労力が必要です。

3. 抽出器具に合わせてコーヒー豆を挽く

普段どのようにコーヒーを淹れていますか?

コーヒー豆の挽き具合を変えることで、
味の変化を楽しむことができます。

慣れている抽出器具に合わせて挽くことで、
挽き具合の違いがより明確に感じられるでしょう。

  • 極細挽き:エスプレッソマシン用
  • 細挽き:ウォータードリッパー用
  • 中細挽き:ペーパードリッパーやドリップコーヒーマシン用
  • 中挽き:サイフォン、エアロプレス、フレンチプレス、ネルドリッパー用
  • 粗挽き:パーコレーター用

 

コーヒー豆の挽き方を探求しましょう

これまでに説明したのは、
コーヒーを美味しく淹れるための挽き方、
淹れ方、適切な抽出器具についてです。

しかし、コーヒーの味は
個々人の好みに大きく左右されます。

自宅でコーヒーを楽しむときは、
自分が好む方法で淹れるのが最良です。

同じ淹れ方でも、異なる挽き方を試す
同じコーヒー豆でも、異なる挽き方を試す
同じ挽き方でも、異なるコーヒーミルを使う
同じ挽き方でも、異なる時間やタイミングで淹れる

これらの異なる組み合わせを試してみることで、
コーヒーの風味や口当たりの違いを実感できます。

これにより、あなたのコーヒー体験が
より充実するでしょう。

挽き方のポイント

コーヒー豆を挽く方法は、
味や香りだけでなく、
飲む際の口当たりにも大きな影響を与えます。

  • 細かく挽いたコーヒーは苦味が強くコクが深まります。
  • 粗く挽いたコーヒーは、味が薄まり、苦味よりも酸味が目立ちます。 これらの基本を覚えておくだけでも、コーヒーの楽しみ方が広がります。

また、「コーヒーを挽く行程が一番楽しい」
と感じる人もいます。

手動ミルでコーヒー豆を挽く
感触を楽しむ声も多く聞かれることがあります♪

未体験の挽き方に挑戦してみると、
新しい発見があるかもしれません。

様々な挽き方を試し、自分に合った
コーヒーの風味や雰囲気を見つけてみてください^^

タイトルとURLをコピーしました