水出しコーヒーポットで簡単に!選ぶ際の4つのポイントとおいしいコーヒーの淹れ方

おうちで

夏が近づくと、
冷たいコーヒーが恋しくなりますね。

「自宅で高品質のアイスコーヒーを楽しみたい」
「市販の缶やボトルのコーヒーは避けたい」

そんな方にぴったりのアイテムが、
たっぷりと作り置きができる
「水出しコーヒーポット」です。

これさえあれば、いつでも
冷蔵庫から取り出してすぐに
美味しいコーヒーを楽しめます。

選ぶ際の選択肢は様々ですが、
自分に合ったポットを見つけることで、
コーヒータイムがさらに特別なものになります。

この記事では、
水出しコーヒーポットの選び方と、
おいしいコーヒーの淹れ方をご紹介します。

ぜひ読んで、家族や友人と共に楽しめる
理想のポットを探してみましょう!

水出しコーヒーポットの選び方:重要な4つのポイント

水出しコーヒーポットを選ぶ際に
押さえておくべき4つの大切なポイントをご紹介します。

注ぎやすさ

水出しコーヒーポットを選ぶ時は、
コーヒーをグラスに注ぐ際のイメージを持ちましょう。

特にポットが新しく、
コーヒーが満タンの時は
重さを感じることがあります。

滑りにくく持ちやすいデザインであれば、
片手で簡単に注ぐことができます。

例として、持ち手が付いているタイプや、
握りやすい形状のモデルが便利です。

素材については、軽量で扱いやすい
プラスチック製がおすすめされています。

収納のしやすさ

水出しコーヒーは主に冷蔵庫に入れておきます 。

そのため、使用後の収納や
冷蔵庫内でのスペースを
取らないモデルが適切です。

家庭で作る水出しコーヒーは通常、
2〜3日が賞味期限とされており、
酸化を防ぐためにも、
飲みきりやすいサイズが好ましいです。

さまざまな容量がありますので、
冷蔵庫のドアポケットに収められるか、
縦置き・横置き可能な
多機能性を持つものを選ぶと良いでしょう。

お手入れのしやすさ

繰り返し使う水出しコーヒーポットは、
お手入れがしやすいことが重要です。

耐熱プラスチックは取り扱いが容易で、
食洗機で洗えるタイプが便利です。

洗いやすい形状や、
パーツが少ないこともポイントです。

特に、コーヒー粉を入れる
フィルター部分は取り外しやすいと
清掃が楽になります。

デザインの魅力

見た目も選び方において大切な要素です。

自分の好みに合う色や形、
部屋のインテリアに馴染むデザインの
水出しコーヒーポットを選ぶと、
コーヒータイムが一層楽しくなります。

気に入ったポットは、使わない時も
部屋のアクセントとして活躍し、

デザインを重視することで、
愛着を持って長く使い続けることができます。

水出しコーヒーポットを使ったおいしいコーヒーの作り方

水出しコーヒーを美味しく
淹れるための正しい手順をご紹介します!

推奨するのは
「HARIO(ハリオ)水出しコーヒーポット」です。

このポットは使いやすく
取り外しが可能なストレーナー付きで、
手頃な価格も魅力的です。

準備するもの

  • HARIO(ハリオ)水出しコーヒーポット
    (容量:1リットル)
  • コーヒー粉:80グラム
  • 水:1リットル

コーヒーの淹れ方

  1. ストレーナーにコーヒー粉を入れます。
  2. コーヒー粉が均等に湿るように、少しずつ水を注ぎます。
  3. ポットを冷蔵庫に入れ、約8時間抽出させます。
  4. 抽出完了後、コーヒーが飲み頃になります。

水出しコーヒーの淹れ方のコツ

水出しコーヒーに最適なのは、
中細挽きから中挽きで
深煎りされたコーヒー豆です。

低温での抽出は抽出しにくいため、
濃厚な味わいを引き出すことがポイントです。

  • 焙煎度:深煎り
  • 挽き具合:中細挽きまたは中挽き

極細挽きや細挽きの場合、
ストレーナーから粉がこぼれやすく、
コーヒーが粉っぽくなることがあります。

逆に、粗挽きは抽出効率が低く、
薄味になりがちです。

使用する水は、市販の軟水が理想的で、
よりまろやかな味わいに仕上がります。

水を注ぐ際は、「の」の字を
描くようにゆっくりと注ぎ、

コーヒー粉全体に均一に水が
行き渡るようにすることが重要です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました