自宅で楽しむ極上コーヒー:最適な生豆の選び方と準備方法

おうちで

自宅で焼きたてのコーヒーを味わうためには、
欠かせないのが「生豆」です。

生豆を焙煎し、
粉砕して抽出するまでの
一連のプロセスが、
コーヒーを楽しむ上での真骨頂です。

実は、コーヒーの風味の約70%は、
生豆の品質と扱い方によって
決まるとも言われています。

「どの生豆を選べばいいの?」
「どこで買うのが一番いいの?」

そんな疑問をお持ちの方へ、
各産地の生豆の特徴や選び方、

そしてオンラインで購入する
メリットについて詳しくご紹介します。

おいしいコーヒーを自宅で
楽しむための第一歩として、
新鮮な生豆を選ぶことから始めてみませんか?

生のコーヒー豆にはまだ香りや味がない

アラビカ種とロブスタ種のコーヒー豆

生のコーヒー豆(生豆)は、
通常見ることの多い茶色から
黒褐色のコーヒー豆とは異なり、

色味が薄く、サイズが小さく、
硬いという特徴があります。

これらはまだ加工されておらず、
コーヒー独自の香りや風味は含まれていません。

主に使われるコーヒー豆の種類は
「アラビカ種」「カネフォラ種ロブスタ」で、
それぞれ栽培に適した気候や環境があります。

これらの豆は
日本でも広く流通しています。

産地による豆の特性の多様性

コーヒー豆は「コーヒーベルト」
呼ばれる赤道周辺地域で主に栽培されています。

この地域では、栽培から収穫、精選、
選別、輸出まで、さまざまな方法が
取り入れられており、各産地ごとに
豆の特性や風味が異なります。

産地によっては他の作物と
共に小規模に栽培されることもあれば、
広い農園で大規模に生産されることもあります。

また、豆の品質は産地名の後に
記されるグレードによって示されます。

ブレンドで品質を一定に保つ

コーヒー豆の「ストレート」「ブレンド」
という言葉に馴染みはありますか?

ストレートは一種類の
生豆だけを使用していますが、
ブレンドは異なる種類の生豆を
焙煎前後で混ぜ合わせ、

一年を通して品質や価格、
量の安定を図っています。

生豆の収穫は年に1〜2回行われ、
産地によっては通年で同じ味を
再現することが難しいです。

ブレンドはこの問題を解決し、
それぞれのブランドや店舗が
独自の風味や特徴を生み出す手助けをしています。

生豆を産地の収穫時期に合わせて選びましょう!

ストレートコーヒーで
ブレンドコーヒーでも、
素晴らしい味わいを得るためには
「新鮮な生豆」が不可欠です!

新鮮な生豆は香りが強く
個性が際立っていますが、
時間が経過するにつれて
これらの特性は徐々に薄れていきます。

旬の食材が最もおいしいのと同じように、
コーヒーの生豆も鮮度が重要です。

主要な産地の収穫期を知り、
どの時期にどの生豆が
最も高品質かを判断しましょう。

主要産地の収穫カレンダー

生産国名 月(およそ)

  • グアテマラ: 8月から翌年3月
  • ベトナム: 11月から翌年1月
  • エチオピア: 9月から翌年2月
  • コロンビア: 10月から12月
  • インドネシア: 4月から8月
  • ケニア: 11月から翌年2月
  • ブラジル: 4月から8月
  • タンザニア: 6月から翌年1月

たとえば、アフリカに位置する
エチオピア、ケニア、タンザニアは
同じ地域にありながら、
それぞれの最適な収穫期が異なります。

地理的に近いベトナムとインドネシアも
収穫時期が全く異なります。

「近いから同じ」という考えは、
実際には適切ではない場合が多いです。

このような違いを理解し、
選択することでより新鮮で
豊かな味わいを楽しむことができます。

各産地の生豆の特徴について

世界各地の産地からどのような
生豆が生産されているのか、
詳しく見ていきましょう!

グアテマラ

中南米グアテマラ産の生豆は、
中米で非常に高く評価されています。

その特徴は、華やかで甘い香り、
クリアな酸味、そして爽やかな後味です。

ベトナム

アジアのベトナム産生豆は、
やわらかな苦味とその独特の香ばしさが特徴です。

主にカネフォラ種が栽培され、
濃厚で深煎りのコーヒーに
バターを加える飲み方が一般的です。

エチオピア

アフリカのエチオピアからの生豆は、
フルーティーで甘い香りと柔らかな酸味が魅力です。

モカハラー、モカジマといった有名な銘柄があり、
コーヒーの発祥地としても知られています。

コロンビア

南米コロンビア産の生豆は、
甘い香りとしっかりした酸味、
豊かなコクが特徴です。

マイルドコーヒーを代表し、
水洗式アラビカ種の生産で世界トップを誇ります。

インドネシア

アジアのインドネシア産生豆は、
マンデリントラジャガヨマウンテン
いった高評価の銘柄で知られています。

スマトラ島の独自の精選方法で
作られるマンデリンは、滑らかな
苦味と深いコクがあります。

ケニア

アフリカのケニア産生豆は、
ヨーロッパ市場で高い評価を受けています。

水洗式アラビカ種は世界的にも高品質で、
しっかりした酸味と豊かなコク、
芳醇で重厚な風味が特徴です。

ブラジル

南米ブラジル産の生豆は、
世界の生産量の30%を占めるほどです。

サントスという銘柄が特に有名で、
非水洗式アラビカ種は甘みと柔らかな苦味、
適度な酸味を持っています。

タンザニア

アフリカのタンザニア産生豆は、
キリマンジャロという銘柄で知られています。

しっかりとした酸味とコク、
芳醇で重厚な風味があります。

簡単に手に入る!通販でコーヒーの生豆を購入しよう

近くに生豆を取り扱うコーヒー専門店がない、
探している生豆が見つからない、
店舗まで買いに行く時間がないといった
お悩みをお持ちの方に、通販が最適な解決策です。

通販の利点

通販を利用すれば、インターネットを
通じてスマホやパソコンから
24時間いつでも生豆を注文可能です。

店舗では扱えない多様な品種や
産地の生豆が見つかるため、選択肢が広がります。

 

さらに、多量の注文でも自宅まで配送されるため、
重たい荷物を運ぶ手間も省けます。

生豆は焙煎により約10%の重量が減少するため、
この点を踏まえて注文すると良いでしょう。

一般的には、1カップ(約140ml)の
コーヒーには10〜12gの生豆が必要です。

正規品と非正規品の見分け方

Amazon、楽天市場、
Yahoo!ショッピング、ヤフオク、
メルカリなどの大手通販サイトでは
正規の専門店以外からも商品が出品されています。

購入するためには、
専門店の公式オンラインストアを利用するか、
出品者の情報をしっかりと確認することが重要です。

自宅でプロの味を再現!生豆の上手な取り扱い

質の高い新鮮な生豆を手に入れ、
ハンドピックで欠点豆を取り除くことで、
コーヒーの香りや風味を大幅に
向上させることができます。

コーヒーの美味しさは約70%が
生豆に左右されるため、通販を活用して、
自分だけの特別なコーヒー体験を始めてみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました