「サードウェーブコーヒー」の魅力とは? その特徴と楽しみ方を5つのポイントで解説!

基本

もっとコーヒー文化の奥深さを
知りたいと思いませんか?

言葉には流行り廃りがあるように、
コーヒーにも「サードウェーブ」
という重要な文化の潮流が存在します。

この潮流は、ファーストウェーブや
セカンドウェーブを経て、
近年になって確立された
サードウェーブコーヒーへと発展しました。

この新たな波は、
単にコーヒーを飲むだけでなく、
淹れ方の技術や楽しみを通じて
より高品質な味わいを追求しています。

この記事では、
次のような疑問にお答えします。

「サードウェーブコーヒーとは一体何なのか?」
「その味はどのようなものなのか?」

これらの疑問に答えるために、
サードウェーブコーヒーの
5つの特徴と楽しみ方を詳しくご紹介します。

さらに、よく混同される
「スペシャルティコーヒー」
との違いも解説します。

コーヒー文化の変遷を学び、
より豊かなコーヒー体験を得るための
一助としてください。

サードウェーブコーヒーとその文化的な流れ

コーヒー文化の進化:サードウェーブコーヒーの影響力

コーヒー業界では「サードウェーブ」
という用語が非常に重要です。

これは「第三の波」としても知られ、
コーヒー文化における新たな段階を指します。

この波は歴史や経済の
大きな変動期において特に注目されるものです。

  • 第1の波(ファーストウェーブ)
  • 第2の波(セカンドウェーブ)
  • 第3の波(サードウェーブ)

サードウェーブは、
コーヒーの品質に対する
深いこだわりを特徴としています。

その主な特徴は以下の通りです。

  • ファーストウェーブ: 大量生産と大量消費、家庭で楽しむ本格的なコーヒー、浅煎りの風味
  • セカンドウェーブ: シアトルを発祥とするカフェ文化、様々なアレンジメニュー、深煎りの風味
  • サードウェーブ: トレーサビリティ(産地追跡)の徹底、ダイレクトトレード、シングルオリジンの利用、浅煎りの風味、ラテアート

サードウェーブコーヒーは、
生産者の権利を守るトレーサビリティや
ダイレクトトレードの確立により、
広く受け入れられています。

さらに、ニトロコーヒーのような
新しい飲み方が登場し、
次の段階への進化が予測されています。

サードウェーブコーヒーの歴史的背景とその日本への導入

  • ファーストウェーブ: 19世紀、1960年代から1990年代後半にかけて日本で普及
  • セカンドウェーブ: 1960年代、1996年に日本に登場
  • サードウェーブ: 1970年代から2000年代初頭、2015年に日本へ到来

サードウェーブコーヒー
ノルウェーのオスロを起点に始まり、
2002年にはアメリカで
この用語が使われ始めました。

この新たなコーヒーの流れは
サードウェーバーと呼ばれる
愛好家たちにより世界に広がり、

日本では2015年に
ブルーボトルコーヒー・カンパニー
再進出することで広く知られるようになりました。

それ以前から日本には
サードウェーブに近い考えを持つ
コーヒーショップが存在していましたが、

この波の普及により、
カフェやオンラインストアでの注目が
一層高まりました。

サードウェーブコーヒーの5つの主要特徴

サードウェーブコーヒーが持つ
5つの魅力的な特徴を
一緒に探っていきましょう。

1. トレイサビリティの完全性

サードウェーブコーヒーでは、
豆の栽培から最終的にカップに注がれるまで、
全過程が透明に管理されています。

この透明性は
「トレイサビリティ(追跡可能性)」として知られ、
消費者がそのコーヒーがどの地域でどのように生産、
流通されているかを明確に知ることができます。

このトレイサビリティは、
栽培から選別、評価に至るまでの
すべてのプロセスで純粋で
高品質なコーヒーを保証し、

他の産業でも品質向上と安全性の
確保に寄与する重要な概念です。

2. ダイレクトトレードによる生産者の利益保護

コーヒー業界においてダイレクトトレードは、
トレイサビリティの一部として
ますます重要になっています。

この方式では、カフェや小売業者が
生産者から直接コーヒー豆を購入します。
以前は中間業者を通じた取引が一般的でした。

3. シングルオリジンコーヒーの推進

シングルオリジンコーヒーは、
特定の地域や農園、生産者、品種、
加工方法によって特定されます。

この方法により、コーヒーの
独特な風味と特性が強調され、
消費者はより多様な味わいを楽しむことができます。

パッケージには農園や生産者の
詳細が記載されており、豆に込められた
独自のストーリーと価値を体験することが可能です。

シングルオリジンは
「生産者の顔が見えるコーヒー」とも呼ばれます。

また、シングルエステート、
マイクロロット、スモールロットなどの
分類があり、それぞれ特定の条件で
栽培された豆が持つ独自の特性を
楽しむことができます。

4. 浅煎りのフルーティーな酸味を楽しむ

サードウェーブコーヒーは、
コーヒー豆の個性を最大限に
引き出すことに焦点を当てています。

特に「浅煎り」のコーヒーは、
オレンジやイチゴといった
フルーティーな風味が特徴で、
多くの人々に愛されています。

コーヒーの生豆は加熱されると
初めに酸味が強くなりますが、

焙煎が進むと酸味は減少し、
代わりに苦味が増していきます。

浅煎りでは焙煎時間を短くすることで、
酸味が際立ち、クリアで繊細な味わいが実現します。

この焙煎法により、
豆本来の風味が強調されます。

5. ラテ・アートで視覚的にも楽しむ

サードウェーブコーヒーは味だけでなく、
見た目の美しさにもこだわりを持っています。

ラテ・アートはその一例で、
エスプレッソベースのコーヒーに
スチームミルクを加えることで、
様々な芸術的なデザインを表現します。

ラテ・アートには「フリーポア」
「エッチング」という二つの技法があり、

どちらも創作の過程と完成した
作品を楽しむことができます。

一般的なデザインには
ハートやリーフがありますが、

最近では立体的な3Dラテアートが人気を博しており、SNSでの共有を通じてさらに注目を集めています。

サードウェーブコーヒーの楽しみ方

サードウェーブコーヒーを
深く味わうための方法をご紹介します。

シングルオリジンコーヒーを用いたハンドドリップ

まずはシングルオリジンのコーヒー豆を選び、
必要な道具を揃えましょう。

ハンドドリップで丁寧にコーヒーを淹れることで、
その豊かな風味を引き出すことができます。

スペシャルティコーヒーを使用しても良いでしょう。

準備する道具は以下の通りです。

  • シングルオリジンコーヒー豆
  • ドリッパー
  • コーヒーミル
  • コーヒーサーバー
  • ペーパーフィルター
  • コーヒーケトル
  • マグカップ

丁寧なハンドドリップで抽出

材料を用意したら、
以下の手順でコーヒーを抽出します。

  1. ケトルで95℃のお湯を沸かす
  2. ペーパーフィルターをドリッパーにセットし、コーヒー粉を入れる
  3. 少量のお湯を注ぎ、20秒間蒸らしてコーヒー粉が膨らむのを確認
  4. お湯を3回に分けてゆっくりと全体に注ぎ、均等に抽出する
  5. コーヒー粉の中心に小さな円を描くようにしてお湯を注ぎ続ける

ブルーボトルコーヒーでプロの味を体験

サードウェーブコーヒーの代表格である
ブルーボトルコーヒーを体験するのも
素晴らしい選択です。

2015年に日本に上陸し、
東京の清澄白河と青山に最初の店舗を
オープンしました。

創設者のジェームス・フリーマン氏は、
コーヒーをアートとして捉え、
心を込めて作るべきものと語っています。

シングルオリジンコーヒーのみを使用し、
その豆の個性を最大限に活かすための
焙煎技術が施されています。

店舗では、コーヒーが
最も美味しいタイミングで提供されます。

また、店内の独特な雰囲気や、
見事なラテ・アートも楽しめます。

新しい波としてのサードウェーブコーヒー

サードウェーブコーヒーは、
その豊かなストーリーと高い品質が特徴です。

単に味わうだけでなく、
見た目や飲む体験自体も
楽しめるのが魅力です。

自宅でじっくりとハンドドリップで淹れたり、
プロが淹れたコーヒーをカフェで楽しんだりと、

お好みに合わせてサードウェーブコーヒーを
堪能してください。

タイトルとURLをコピーしました